動悸・息切れ、妊娠中に良くあるマイナートラブルです。

ea9998c7fbd8f5213867879c0b27c674_m

妊娠中は、日々大きくなっていく子宮に肺が圧迫されること、 そして何よりホルモンバランスの変化の影響、 更に血液量が増加している為に心臓の動きも非妊娠時よりも増えており、 肺や心臓に負担がかかっています。 そういった理由で、動機・息切れが起こりやすくなるのです。

私自身も、動機が酷かった時期がありました。 歩いている時はもちろんのこと、動いていないただ立っていただけの職場の朝礼中に 動悸が激しくなり、しゃがみこんでしまった事もありました。 自分の心臓の音が徐々に大きくなり、呼吸が浅くなり、その場から動けなくなり 本当につらかったです。

動悸・息切れが激しくならないように、妊娠中は普段から動きをゆっくりと 決して無理をしない様、心掛けてください。 少しでも疲れを感じたら休憩をする、これだけでもだいぶ違うはずです。

また、体を冷やさないようにすることが大切です。 お風呂にゆったり浸かったり、足を軽くマッサージしてみたりと 血行を良くすることも、動悸息切れ予防に効果的です。

動悸が起きてしまったら、焦らず兎に角安静にしましょう。 その場で横になることが出来たら、心臓がある左側を下にして 横になってみてください。 そうする事によって、血液の流れがスムーズになり動悸を落ち着かせる効果が期待できます。

あまりに酷い場合は、医師に相談してみてくださいね。

妊娠すると、毛深くなる?!

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_s

妊娠中、特にお腹が毛深くなりました。 おへそを中心に外側へ、渦を巻くように産毛が濃くなったのです。 妊娠中は毛深くな、るというのは聞いていましたが ここまでとは思いませんでした。

そもそも、なぜ妊娠すると毛深くなりやすいのか?

そもそも実際は“毛深く”なっているのではなく、“濃く”なっているようで 毛の量が急激に増えたわけではない、とされています。 ここでもやはり、出てくるのがホルモンバランス。 ホルモン分泌が増えた影響で、メラニン色素が沈着しやすくなり体毛が濃くなるらしい、 と言われているそうです。 この現象にも、個人差があり全く濃くならない方もいらっしゃるそうです。

この体毛が濃くなる現象は、一時的なものです。 出産を終えると元通りにもどります。あまり気にしないようにしましょう。 毛深くなって気になるからと言って、むやみにカミソリ等で剃ったり毛抜きで抜いたりしない方が無難です。

妊娠中のお肌はとってもデリケート。炎症等の肌トラブルの原因に繋がります。 出来れば出産までそのままにしておくことをおすすめします。

トキソプラズマは大丈夫?妊娠中のペットとの暮らし②

a1820_000009

【妊娠中でもペットと一緒に生活するため、我が家で気をつけたこと】

●手洗いの徹底

ペットと接した後は、必ず丁寧に手を洗い更にアルコール消毒 これを夫婦で徹底しました。

●毎日の掃除

毎日掃除機をかけ、元気があれば雑巾がけ。 これを心がけました。だいたい掃除機のみで終わる日が多かったですが。

●部屋を分ける

リビングで一緒に生活するのを止め、別の部屋にペットにエリアを設けました。 本当は1部屋使って『ペット部屋』を用意してあげられれば良かったのですが 我が家の住宅事情では難しくて・・ ペットエリアで猫は今まで通り放し飼い、ウサギはゲージで。

●空気清浄機の設置

リビングだけではなく、ペット部屋、寝室用にも設置しました。 痛い出費でしたが致し方ない。

●ペットのお世話は夫が主体で

今まではトイレ掃除やグルーミングは、私自身がやっていましたが 妊娠中は夫の仕事になりました。 私は関わる時間がだいぶ減り、寂しかったのですがそこは我慢。 夫不在時など、私がお世話をするときはマスク&ビニール手袋を着用した上 更にエプロンも付けて(割烹着みたいなすっぽり被るタイプのです)お掃除しました。

●ペットのおトイレトレーニングの徹底

猫はおトイレは完璧でしたが、我が家のウサギはトイレ以外の場所で排泄してしまうこともしばしば。 そこをきちんとトレーニングし、トイレ以外の場所では絶対しないようしつけし直しました。

●ノミやダニの予防

シャンプーやブラッシングをまめにして、ペットも清潔を保てるよう気を付けました。

●濃厚接触は絶対しない

猫が顔を、ウサギが手や腕を、なめるのが大好きでしたが止めさせました。

 

我が家のペット達は、部屋をお引越し環境が変わったこと&飼い主があまり構わなくなったことに ストレスを感じて、しばらく体調を崩しました。 特にウサギは、ストレスにめっぽう弱い生き物です。食欲が無くなったりして心配しましたが 環境に慣れてきた頃、体調も戻り元気になりました。

上記以外で気を付けたことは、今まで通りとはいかないにしても きちんとペットと遊ぶ時間も設け、可愛がることを心がけました。 また、猫には定期的にリビングにも開放し思いっきり走り回らせてあげて なるべくストレスを溜めないよう、配慮したつもりです。

おかげでペットには多少ストレスを与えてしまったと思いますが それなりに衛生面も保てていたかな?と思います。 トキソプラズマには感染せず、無事出産を迎えました。

こんな感じで、我が家では妊娠中もペットと一緒に暮らしていました。

子供が成長した今、子供たちはペットと遊ぶのが大好きでとても可愛がっています。 ペットたちも、子供たちを多少うっとおしく感じている様な表情は見せるものの ちゃんと相手をしてくれて、仲良く遊んでいます。

あの時ペットを手放す事を考えなくて、本当に良かったと実感しています。

 

トキソプラズマは大丈夫?妊娠中のペットとの暮らし①

無題

妊娠前から、自宅では猫一匹&ウサギ2羽と暮らしていました。 猫は夫が、ウサギは私が共に独身時代から飼っていて、とても大事な家族です。

妊娠が発覚してから、両親や周りから 『妊娠したなら、ペットを手放さなくちゃ』 と言う事を、しばしば言われるようになりました。

当時猫は家の中放し飼い、ウサギはリビングにゲージ飼いで 人が自宅にいるときのみゲージから出して自由にさせている状態でした。

確かに、毎日部屋を掃除しているとはいえ 動物がこれだけいれば毛も舞うし、赤ちゃんにとって衛生的とは言えませんでした。 その上、猫はトキソプラズマの心配もあります。

トキソプラズマ、ご存知ですか?

妊娠検診時、血液検査でのトキソプラズマ検査が必ず行われますね。

トキソプラズマとは、単細胞の寄生虫です。 一定の体温を保てる生物に感染します。当然人間にも。 特に猫に寄生する事が多いと言われています。

妊娠中に母体がトキソプラズマに感染すると、胎児に障害がでる可能性があります。 胎盤を通してトキソプラズマに感染し、約50%の確率で胎児に影響が出るそうです。 主には脳障害、水頭症さらに目に障害が出ることも。

そんな事もあり、ペットを手放しなさい、そんな流れになりました。

しかし、私たち夫婦は手放す気は毛頭なく、トキソプラズマには注意をはらい 部屋を衛生的に保てるよう努力することで共存を選びました。

産院の先生に相談すると、

『確かに怖い寄生虫だけど気を付けていれば、感染予防をすることは難しい事ではない。 トイレの清掃時やペットのグルーミング後は、手をよくよく洗い消毒をする。 さらにマスクを着用すれば、予防効果は上がる。 そして大事なのは、キス等の濃厚接触はしないこと。部屋は毎日清掃し、換気を忘れずに』

とアドバイスをもらいました。

以上を踏まえ次の記事で、我が家で実践したことをご紹介します。

 

妊娠中の辛い便秘、対処法は?

プリント

妊娠中は便秘になりやすい傾向にあります。 その原因は、やっぱり“ホルモンバランス”。 黄体ホルモンの影響で、大腸の動きが鈍くなっているそうです。 さらに、腹筋に力を入れにくくなる事も手伝って 妊婦さんの約4割の方が便秘に悩まされるそうです。

実際私も酷い便秘に苦しみました。

ちょうど悪阻と重なったりもして、下腹部の張りと気持ち悪さで参っていたこともありました。

そこで、便秘を改善するために実行していたことは

 

【オリゴ糖を飲む】

オリゴ糖は腸内環境を整えるビフィズス菌の餌となります。その為オリゴ糖をたくさん摂取すれば ビフィズス菌が増え腸の調子が整い、スムーズに便が排出できます。

【バナナ豆乳&玄米】

便秘に良く利く、バナナと豆乳、そして玄米。 他にも食物繊維が豊富と言われる食べ物を積極的に摂取。

【軽い運動】

ウォーキングや軽く腹筋を刺激するストレッチを、無理の無い範囲で行っていました。

 

いかがでしょうか?

私はこれで随分改善されました。 とくにオリゴ糖。これが一番効果覿面でした。

それでも便秘が回復されなかったときは、迷わず産院で相談し薬を処方してもらいましょう。 便秘が直接胎児に与える影響は無いとは言え、やはり母体には良くありませんよね。

ストレスは妊婦さんの大敵です。

便秘を解消して、心も体もスッキリとさせましょう!

妊婦さんの花粉症対策

a47f536bab19ca80a5889e741c8a53c1_s

妊娠前から酷い花粉症な私。 花粉が飛び始める前から薬を服用し、症状を軽減させていましたが 妊娠中ともなると、薬に頼るわけにはいけません。

だけどあまりにもクシャミが止まらず 鼻水も多くて、頻繁に鼻をかんでいたら 腹筋を使いすぎたようで、お腹が張る・・といったトラブルにあいました。

なので検診時に相談したところ、今は妊婦さんでも服用できる 花粉症のお薬や漢方薬がある、とのことで処方してもらいました。

・・もっと早く相談しておけば良かったと後悔です。

ですが、やはり妊娠中ということで 毎日の服用は怖かったので、どうしても辛い日のみ服用するようにしていました。

服用しない日の私の花粉症対策は

・基本ですがマスク

・ミントのアメを舐める(鼻がツーンと通る場合あり)

・必要以外の外出は避け、空気清浄機を利用

・外出時はマスクに+帽子をかぶり、髪の毛に花粉が付かないように対処

・べにふうき茶(花粉に効果のあるお茶)を飲む

以上を心がけていました。 中でもべにふうき茶は一番効果があったように思います。

妊娠中の花粉症。辛いですが、なんと乗り切りましょう!

 

 

とにかく痒い!妊婦さんの肌トラブル 『妊娠性皮膚掻痒症』

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_l

妊娠中はホルモンの影響や、様々な体の変化に相俟って肌トラブルが起こります。 ただの乾燥からの痒みが原因の場合が殆どですが、

あまりにも強い痒みは 『妊娠性皮膚掻痒症』かもしれません。

私自身も妊娠中、背中や足といったあらゆる所が猛烈に痒くなり 我慢できず掻き毟ってしまってました。 肌は粉をふき、ムズムズ・チクチク兎に角痒い! お風呂に入ったり、ストレッチをしたりと、体があたたまると この痒みは増します。 『痒い』以外に症状はありません。発疹なども一切出来ないのです。

一般的には妊娠中期から後期にかけて、こう言った肌トラブルは起こると言われていますが 私は比較的初期の妊娠3ヶ月頃から出産まで、ずーっと苦しんでいました。

あまりにも酷い痒みのときは、産院で相談し診てもらいましょう。 患部に塗布するお薬を処方してもらえます。

個人差はありますが、市販されている保湿クリームで対処するより効果的です。

実は私は、この妊娠性皮膚掻痒症という物を知らなかったのです。 出産後、産院で初めてこの妊娠性皮膚掻痒症を知り、衝撃を受けたのを覚えています。

しらなかったゆえ、ひたすら安物保湿クリームをタップリ塗って なんとか凌いでいました。

保湿クリームでは痒みが治まるのは一時的でした。 結局掻き毟り、傷つけた皮膚にはたくさんの傷跡が残り、産後一年経った今でも消えずに残っています。

皆さんは私のようにならないよう、我慢できない痒みがある時は 産院に相談してみてくださいね。

 

除去するべき?アレルゲンとされる食品

a0002_001135

妊娠中に摂取した食べ物が原因で、生まれてくる赤ちゃんがアレルギー体質になる という話を聞いたことありませんか?

実際、比較的アレルギー症状が出やすい『卵』『乳製品』等の 積極的な摂取は控えるように指導する産院もあったり 育児本でも、そんな文章を見つけたり。 また遺伝も関係する、という話もありますね。

本当にところはどうなのでしょうか?

こういったアレルギー除去の効果を様々研究している中 現在は基本的に、除去によるアレルギー予防はハッキリしていない、という段階です。

逆に、妊婦の勝手な判断による食品除去は母体と赤ちゃんの栄養低下に繋がる恐れがある、と 懸念されている状態です。

現在日本では、医師の判断の元両親や家系に強いアレルギー症状を持っている方がいる場合 妊娠後期にそのアレルゲンの過剰摂取を避けるといった指導方法が一般的なようです。 無理に除去するよりも様々な食品をバランスよく摂取した方が、母体と赤ちゃんには良いという判断ですね。

二人の子供がいる私自身は、子供の頃卵&乳製品アレルギーだったので 妊娠中はなるべく摂取を控えていました。(医師に相談した上で) ちなみに家系においては、アレルギー体質の人は他にいません。

うまれてきた子供たちは、

一人目→アレルギーなし

二人目→卵・乳製品アレルギー(レベル2)

という結果になっています。

二人同じように摂取を控えていたのに、下の子のみアレルギー体質です。 私に限っては、妊娠中の除去法は関係なく、私の遺伝によるもの?と思っています。

どうすることが正解なのかは、現在のところハッキリしていない状態なので 色々不安もあると思いますが、とにかく妊娠中は母体と赤ちゃんの十分な栄養を摂取する為、 バランスを考えた食事をする、ということが一番大切なことだと言えそうですね。

 

妊娠中、積極的に摂り入れたい食べ物とは?

a0002_011599

妊娠期間中は、なるべく栄養バランスを考えた低カロリーな食事を摂取することが望ましいです。 とは言っても、急に食生活を変えるのもなかなか難しいものですよね。

そこで、妊婦さんが積極的に摂取した方が良いいくつかの食品をいくつかピックアップしてみます。毎食摂り入れるのは難しいとしても、一日一食だけでも下記食品を摂取できるよう心掛けてみてはいかがでしょうか?

《緑黄色野菜》

妊娠中に必要な栄養素をふんだんに含んだ、緑黄色野菜。 食物繊維・カルシウム・ビタミン等、一度に摂取できます。 ブロッコリー・ホウレンソウ・ニンジン・カボチャ、食事に取り入れてみてください。 ただし、トマトのように体を冷やす作用のある野菜の摂り過ぎには注意です。 なるべく加熱して、(蒸して食べるのがおすすめ!)食べるようにしましょう。

《ヨーグルト》

カルシウムはしっかり摂った方が良いでしょう。 赤ちゃんの骨を作るのに、たくさんのカルシウムが必要です。 十分カルシウムを摂らないと、胎児は母体からカルシウムを摂取するようになり ママの健康に悪影響です。

《大豆製品》

言わずと知れた良質植物性タンパク質の宝庫、大豆製品。 とっても大切な栄養素です。しかも嬉しいことに低カロリー、そしてミネラル&鉄分も豊富。 また、鉄分は血液を運ぶという大事な役割に担っています。 赤ちゃんに酸素を送る為、赤血球を作り出すのに必要な栄養素ですね。 しかし、この鉄分。体内に吸収されにくい性質なのです。 上手く体内に取り込むには、レモンやブロッコリーなどのビタミンCを多く含む食品と一緒に摂取するといいそうです。 ちなみに同じ鉄分でも、レバーや赤身魚等に含まれるレバーは比較的体内に吸収されやすい成分となっています。

《葉酸を多く含む食品》

枝豆・納豆・ホウレンソウ・ブロッコリー・イチゴ。 葉酸を多く含んだ食品です。 葉酸は、胎児が成長する上で必要な栄養素です。 胎児の細胞分裂を順調に促してくれるような効果があるとのこと。 特に妊娠初期の方は積極的に取り入れましょう。

 

妊婦さんに良いとされる食品を、いくつかあげてみました。

大切なのは、[バランスを考える]事でいくら妊婦さんに良いからといって 上記食品ばかり過剰摂取するのは良くありませんね。 様々な食品をバランスよく、上手に摂取しましょう。

妊娠中、控えたほうが良い食べ物とは?

a0007_002094

妊娠前は、食べたいと思ったものは気にせず好きなだけ食べていたと思いますが お腹に赤ちゃんがいる今は、赤ちゃんの事を考えた食生活に切り替えなくてはなりません。 特に妊娠中は、控えたほうが良いとされる食品が数多くあります。

《注意すべき魚介類》

最近ニュース等でも取り上げていましたが、魚介類からの摂取した水銀がお腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるそうです。 母体が摂取した水銀を赤ちゃんはそのまま体内に取り込み、外に排出することができずにそのまま蓄積されてしまう恐れがある、ということです。 厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されましたよね。 よって、水銀を割と多く含むとされているマグロやキンメダイ(大型の魚)などの過剰摂取は控えたほうがいいでしょう。 絶対食べてはいけないという訳ではなく、あくまでも食べ過ぎに注意、という捉え方で問題ないです。

また、生魚。日本人はお寿司を食べる機会がとても多いですが じつは生魚は注意が必要です。 近年騒がれている『ノロウィルス』を筆頭とした食中毒。 生魚や貝を摂取すると、食中毒にかかるリスクがあります。 妊娠中は免疫が低下している為、ちょっとした事でこういったものに 感染しやすくなっています。妊婦が感染すると重症化することもあり特に注意が必要です。 また、妊娠後期に発症してしまい激しい下痢や嘔吐の症状で早産になってしまう危険性もあります。

《インスタント食品やレトルト》

手軽に食べられて便利なインスタント食品。ついつい手が伸びがちですが こちらも過剰摂取には注意が必要です。 食品添加物も多く含まれていますし、何より塩分が高く高カロリーです。 妊娠中はなるべく摂取しないように心がけたほうがいいでしょう。

 《お菓子》

『わかっちゃいるけど止められない』食べ物のひとつ、お菓子です。 チョコレートやアイス、ケーキ等は脂肪分・糖分たっぷり。良い血液が作れません。赤ちゃんに良いとは思えませんね。 スナック菓子も高カロリーなので、体重増加も気になります。 それでもどうしても、の時は量を抑えて食べましょう。 また、和菓子は比較的油分が少ないので安心して食べられそうです。しかし、食べすぎには注意です。

《カフェイン》

コーヒー等に含まれるカフェイン。 鉄・亜鉛・カルシウムなどの吸収を妨げてしまう作用があります。 せっかくバランスの良い食生活を心がけても、カフェインに吸収されてしまっては赤ちゃんに届きません。 また、過剰に摂取し過ぎれば子宮や胎盤の血管を収縮させてしまう恐れもあり、胎児が低酸素症になる可能性もあります。 コーヒー一日2杯程度ならば問題ないですが、何杯も飲んでしまうことのないようにしましょう。 今はノンカフェインのコーヒー等も充実していますし、そちらを利用するといいですね。

《アルコール類》

当然ですが、摂取はいけません。 母体が摂取すると、肝臓が未熟な赤ちゃんはアルコールを分解することができなくて 直接的に影響が出てしまいます。 赤ちゃんのためです、控えましょう。

《レバー・うなぎ》

ビタミンAを多く含むレバーやうなぎは過剰摂取すると先天性奇形の恐れがあるそうです。 これも過剰摂取がいけないのであり、普通に食べる分には問題ありません。

 

いくつか紹介しましたが、他にも摂取を控えたほうが良いとされる食品はいくつかあります。 しかし、ほとんどの食品が“控えたほうが良い”という位置づけから解るように 絶対口にしてはいけない食べ物は殆どありません。 何事も、過剰が良くないのであり普通に摂取する程度ならば問題ないということですね。 あまり神経質にならずに、バランスの良い食生活を心がけるのが一番です。