気になる「妊娠超初期症状」とは?

a0002_007551

妊娠を望んでいると気になるのが、『妊娠超初期症状』。 どんな症状があるのでしょうか?

早い人では生理予定日前から感じる人もいて、 その症状もその人によって様々です。

●匂いに敏感に

今まで好んで付けていた香水や、お気に入りだった芳香剤。 これまでは嫌悪感など感じなかった、冷蔵庫の匂いや食品の匂い。 様々な匂いに敏感になり、気分が悪くなったりします。

●体が熱い

一日中、体が熱っぽく微熱が続いたりします。 風邪の初期症状に似ています。

●とにかく眠い

この症状が出る方、とても多いそうです。 何をしていても、とにかく眠い。いくら眠ってもスッキリしない。

●胃に不快感

これは悪阻の初期症状と捉えていいと思いますが、 この時期から既に悪阻の症状が出ている場合も多いです。

●食の好みの変化

好きだった食べ物が食べれなくなったり 今まで興味のなかった食べ物が食べたくなったりと 食の好みの変化が出ることがあるそうです。

●下腹部の違和感

足の付け根部分がチクチク痛んだり、下腹部がズーンと重たく感じたり 腰に痛みが走ったりといった症状が出ます。

●乳首の痛み

とても敏感になり、下着で擦れると我慢ならないほどの痛みに襲われたりといった 症状がでる方もいるそうです。

 

一般的な症状をあげてみました。

私自身は、

・好んで毎日焚いていたお香の匂いで吐き気を感じた

・とにかく眠い

・下腹部の違和感。ずっと下腹部がチクチク

といった症状が生理予定日前から出ていました。

特に、『お香の香り』は生理前症状で感じたことのなかった症状だった為 妊娠を確信できた症状でした。

ですが、これは本当に個人差があり 早くから症状を感じる事が出来る人 まったく逆で何も症状が出ない人もいます。 また、一般的に妊娠超初期症状は生理前の症状や風邪の初期症状と似ていることが多く、それだけでは判断が難しいものですので あくまでも参考程度と考えておいたほうがいいでしょう。

しかし、妊娠を望んでいる人にとっては どんな些細なことでも妊娠の兆候をいち早く知ることが出来る 妊娠超初期症状は気になって仕方ないですよね。