大事な妊娠初期に気を付けたい、3つのポイント。

awaiting-18917_640

おなかの赤ちゃんを守るため、妊娠初期は最も気をつけなくてはならない時期です。

★妊娠初期とは?

妊娠2ヶ月~4ヶ月、安定期に入る前の妊娠15週まで。 細胞分裂を繰り返し、受精卵だった赤ちゃん。

妊娠2ヶ月には、頭・胴体・手足がしっかり区別できるようになり

妊娠3ヶ月には、手足が伸び、人間らしい姿に成長し

妊娠4ヶ月には、内臓がほぼ完成し、少しづつ機能し始めます。

このように、赤ちゃんは日々物凄いスピードで成長します。 大事な妊娠初期、赤ちゃんの成長の妨げにならぬ様、 ママも気を付けるべきポイントをしっかり押さえ、 お腹の赤ちゃんを守りましょう。

その① ≪口にするもの全て、赤ちゃんにも移行する≫

まだ胎盤が完成していない妊娠初期、赤ちゃんは主に卵黄嚢から栄養を摂取して成長していますが へその緒を通じて母体の栄養も赤ちゃんにちゃんと移行しています。 もちろん、移行するものは栄養だけではありません。 ママがアルコールや多量のカフェイン、妊婦にとって禁忌とされている薬を口にすれば、 当然赤ちゃんの体にも移行します。 小さな小さな赤ちゃんの体に、少しでも影響が出ると考えるととても恐ろしいですよね。

「ちょっとくらい・・」この甘えが、流産を引き起こす原因になり得る可能性もあります。 赤ちゃんを守れるのは、ママだけです。 妊婦にとって、積極的に摂取すべき食物、摂取し過ぎには注意するべき食物を知り 栄養のバランスを考えた食事を心がけ、良い栄養をたっぷりあげられるよう気を付けましょう。

その② 《赤ちゃんのことを考え、体を労わり、ストレスフリーで》

重いものを持ったり、走ったりと、お腹に負担を掛けるような行動は極力控えましょう。 ちょっとしたことが流産に繋がってしまう不安定な時期だということを認識することが 大切です。

また、ホルモンバランスの急激な変化で、精神的に不安定になり易いこの時期。 ちゃんと赤ちゃんが育つか、仕事をどうしよう、流産が心配で・・等々 待ち望んだ赤ちゃんだからこそ、不安でストレスを溜めてしまいがちです。 また、この初期はつわりで苦しむママも多いはず。 つわりが酷いと、さらに精神的苦痛が増します。 治まることのない吐き気に、一体いつまで続くの?と思い詰めてしまったりと ネガティブになりがちですよね。 ですが、ストレスは血行不良を引き起こすと言われています。 妊婦に冷えは大敵ですね。

難しいことかもしれませんが、心と身体になるべく負担をかけず のんびり過ごせるといいですね。

その③ 《手洗いうがいをしっかり&マスクをつけ感染症予防》

妊婦にとって、感染症は恐ろしいものです。 特に風疹。妊婦が初期に感染してしまうと、『先天性風疹症候群』となり、 出生した赤ちゃんの耳や目や心臓などに障害が残る可能性があります。 ですので、妊娠を望んだら妊娠する前に自分が風疹の抗体を持っているかを調べ、 持っていなければ予防接種を受ける、というのが理想です。 ですが、妊娠後に抗体がないことがわかった際は 感染しない様、マスク・手洗い等でしっかり予防しましょう。

もちろん、感染症は風疹だけではありません。 インフルエンザやノロウィルス、様々です。 強い薬をなるべく避けたい妊娠初期。感染症には注意したいですね。

 

 

コメントを残す