いつまで続くの?私の悪阻体験談③

lgf01b201305211500

結局、ピーク時には体重14キロ減という過酷な悪阻でしたが その後出産まで体重の増加を気にすることなく食事が取れ 産後も元の体重よりマイナス7キロになった、という良い点もありましたが それでも本当に辛い辛い体験でした。

余談ですが、一人目は壮絶な悪阻だったのに比べ、二人目の悪阻は軽い食べ悪阻のような感じで、 アメを常に口に入れているような状態でしたが 体重も減ることなく、吐くこともあまりなく、快適なマタニティライフを送っていました。

一人目女の子、二人目男の子だった事から、一般的に言われる 『赤ちゃんの性別で悪阻の症状が違う』という事が、当てはまっていたようです。

 

今回悪阻を経験し、『夫がどれだけ辛さを理解してくれるか』ということで 精神面に大きく影響がでる、という事を実感しました。

私の夫は、悪阻が始まった初期の頃《悪阻》というものが どういうものか、どれほど辛いのか、をあまり理解してくれず それこそ家事も普通に求められました。 『一日中気持ち悪い』『眩暈がする』とどんなに訴えても理解してもらえず本当に苦しかったです。 ですが、どんどん痩せ細っていく私を目の当たりにし、夫なりにネット等で色々調べてくれ 入院になるほど重度の悪阻もあること、四六時中治まらない吐き気が本当に存在すること そのほかにも色々な症状で苦しむことがある、ということを理解してくれ それからは家事も手伝ってくれ、労いの言葉も掛けてくれて、これだけで精神的に随分楽になった事を覚えています。 ご主人の理解、本当に大切です。

そしてどんなに辛くても、大体の方が安定期に入る頃には悪阻が落ち着くことが殆どだそうです。 中には私のように7ヶ月、あるいは臨月まで続くという方もいらっしゃるようですが それでも出産を終えれば悪阻は必ず終わります。 少しでも楽になれる方法を見つけ、脱水にならぬよう水分だけはしっかり摂り、体を労わってあげてください。

 

コメントを残す