初期の妊娠兆候?〝着床出血〟とは?

a0001_006368

生理予定日一週間前から生理予定日あたりに 下腹部痛を伴わない、生理とは違った出血が確認できることがあります。 (痛みがある場合もあり)

これを『着床出血』と言います。 この出血は個人差はあるものの、とっても微量で気がつかない人もいるはずです。 また、全員に起こるものではありません。 全体の2%程、と言われています。 出血と言っても鮮血のものは少なく、ピンク~茶色のおりもの状のものが殆どです。

そもそも、着床出血って何?

子宮内膜に受精卵が到着し、着床した際に受精卵が子宮壁を傷つけて起こる出血の事です。

ちなみに、医学的には“着床出血”と言う言葉はなく、“月経様出血”と言います。

私自身、二人目妊娠時に着床出血を経験しました。 本当に、気にしていなければ気がつかないほどの うす~いピンク色のおりものが、下着にくっついていました。 着床出血が確認できた翌日から、下腹部のチクチク痛が始まりました。

ここで気を付けなければならないのが、この時期着床出血のほかにも 注意が必要な出血があります。

断続的な下腹部痛を伴う出血は流産の可能性があります。 この時期の流産の原因は、母体ではなく胎児側の染色体異常が殆どです。 また、子宮外妊娠の可能性もあります。受精卵が子宮以外の場所に着床してしまう 非常に危険な状態です。 いつもとは違う痛みや違和感があれば、すぐに婦人科を受診してください。

 

 

 

コメントを残す