妊娠中、控えたほうが良い食べ物とは?

a0007_002094

妊娠前は、食べたいと思ったものは気にせず好きなだけ食べていたと思いますが お腹に赤ちゃんがいる今は、赤ちゃんの事を考えた食生活に切り替えなくてはなりません。 特に妊娠中は、控えたほうが良いとされる食品が数多くあります。

《注意すべき魚介類》

最近ニュース等でも取り上げていましたが、魚介類からの摂取した水銀がお腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるそうです。 母体が摂取した水銀を赤ちゃんはそのまま体内に取り込み、外に排出することができずにそのまま蓄積されてしまう恐れがある、ということです。 厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されましたよね。 よって、水銀を割と多く含むとされているマグロやキンメダイ(大型の魚)などの過剰摂取は控えたほうがいいでしょう。 絶対食べてはいけないという訳ではなく、あくまでも食べ過ぎに注意、という捉え方で問題ないです。

また、生魚。日本人はお寿司を食べる機会がとても多いですが じつは生魚は注意が必要です。 近年騒がれている『ノロウィルス』を筆頭とした食中毒。 生魚や貝を摂取すると、食中毒にかかるリスクがあります。 妊娠中は免疫が低下している為、ちょっとした事でこういったものに 感染しやすくなっています。妊婦が感染すると重症化することもあり特に注意が必要です。 また、妊娠後期に発症してしまい激しい下痢や嘔吐の症状で早産になってしまう危険性もあります。

《インスタント食品やレトルト》

手軽に食べられて便利なインスタント食品。ついつい手が伸びがちですが こちらも過剰摂取には注意が必要です。 食品添加物も多く含まれていますし、何より塩分が高く高カロリーです。 妊娠中はなるべく摂取しないように心がけたほうがいいでしょう。

 《お菓子》

『わかっちゃいるけど止められない』食べ物のひとつ、お菓子です。 チョコレートやアイス、ケーキ等は脂肪分・糖分たっぷり。良い血液が作れません。赤ちゃんに良いとは思えませんね。 スナック菓子も高カロリーなので、体重増加も気になります。 それでもどうしても、の時は量を抑えて食べましょう。 また、和菓子は比較的油分が少ないので安心して食べられそうです。しかし、食べすぎには注意です。

《カフェイン》

コーヒー等に含まれるカフェイン。 鉄・亜鉛・カルシウムなどの吸収を妨げてしまう作用があります。 せっかくバランスの良い食生活を心がけても、カフェインに吸収されてしまっては赤ちゃんに届きません。 また、過剰に摂取し過ぎれば子宮や胎盤の血管を収縮させてしまう恐れもあり、胎児が低酸素症になる可能性もあります。 コーヒー一日2杯程度ならば問題ないですが、何杯も飲んでしまうことのないようにしましょう。 今はノンカフェインのコーヒー等も充実していますし、そちらを利用するといいですね。

《アルコール類》

当然ですが、摂取はいけません。 母体が摂取すると、肝臓が未熟な赤ちゃんはアルコールを分解することができなくて 直接的に影響が出てしまいます。 赤ちゃんのためです、控えましょう。

《レバー・うなぎ》

ビタミンAを多く含むレバーやうなぎは過剰摂取すると先天性奇形の恐れがあるそうです。 これも過剰摂取がいけないのであり、普通に食べる分には問題ありません。

 

いくつか紹介しましたが、他にも摂取を控えたほうが良いとされる食品はいくつかあります。 しかし、ほとんどの食品が“控えたほうが良い”という位置づけから解るように 絶対口にしてはいけない食べ物は殆どありません。 何事も、過剰が良くないのであり普通に摂取する程度ならば問題ないということですね。 あまり神経質にならずに、バランスの良い食生活を心がけるのが一番です。

 

 

コメントを残す