排卵検査薬で排卵日を調べよう

N112_hooduewotukujyosei500

なかなか妊娠できず悩んでいる、みなさんは、排卵検査薬をご存知ですか?

妊娠検査薬同様、尿をかけて黄体形成ホルモンの量を調べ排卵をチェックする検査です。

まず、はじめに排卵とは

卵胞が充分成熟し卵巣から放出されることです。

生理が終わると、女性の体にはエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれるホルモンが分泌を始めます。 卵胞ホルモンの分泌がピークになると黄体形成ホルモンが急ピッチで分泌され、卵子を促します。 つまり、この黄体形成ホルモンの分泌を調べるのが排卵検査薬です。

黄体形成ホルモンは、排卵直前がピークとされているため排卵検査薬がより濃く陽性反応を示せば “もうすぐ排卵”のサインになる、というわけでです。

この排卵検査薬、一般的には排卵日と予測する一週間~10日前からの使用が推奨されています。 女性の排卵は、ストレス等によりズレてしまうことが多くまた、 生理不順の方は排卵の予測も付きにくいという理由からですね。 基礎体温と併用して使用すれば、さらに効果的です。

しかし、一週間前からの使用でも毎月7本は消費するわけで。 日本製の排卵検査薬は薬剤師常勤の薬局でしか購入できない上、5本入りで2400円程と 毎月使うことを考えると、ちょっと割高に思えてしまいます。

そこでおすすめなのが、以前ご紹介した妊娠検査薬同様海外製の排卵検査薬です。 海外製のものは、一本70円~と、日本製に比べるととてもリーズナブルで精度も変わりありません。 しかもネットで簡単に手に入ります。(『排卵検査薬 海外』で検索してみてください!)

中には排卵検査薬&妊娠検査薬でセット購入できるお店もありおすすめです。 各々の検査薬の割合は自分で選べます。

(一例として排卵検査薬30本、妊娠検査薬10本の計40本。値段は約3000円)

少しでも妊娠の可能性を高めるためなら、お金なんてと思うかもしれませんが やっぱりちょっとでもお安く購入できたほうがいいですもんね。

是非是非一度試してみてくださいね。

 

 

コメントを残す