増加傾向の多嚢胞性卵巣症候群。不妊の原因にも。②

yoga01

実は私自身、多嚢胞性卵巣症候群だったけど自然に妊娠できた一人です。

10代の頃から生理不順で20歳になった頃、さすがに不安になり婦人科を受診したところ多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。 当時はまだ若い事もありまだ結婚も妊娠も考えていなかったので、医師との相談の上とりあえず漢方で様子を見る ということになりましたが、引っ越し等が重なり病院へ行かなくなったと同時に、漢方の服用は止めてしまいました。

それから結婚後妊娠を望むまでの凡そ6年間放置状態。 婦人科で再度診てもらうとエコーには卵巣に無数の卵胞。相変わらずの多嚢胞性卵巣症候群でした。

その頃は比較的生理も安定していて、自然に治ったのかも!なんて気軽に考えていたのですが 生理は来ても無排卵の場合が多かったようです。

先生にも「この状態では自然妊娠難しいよ」なんて断言され、それはそれは落ち込みました。 もうちょっと早く病院へ行く気になっていれば・・と後悔もしました。 取りあえず治療として、病院で毎月の卵胞チェック→成熟したころを見計らってクロミッド(排卵誘発剤)を飲む→後日病院で排卵したかを確認 という方法をしばらく試してみましたが妊娠には至らず・・

どうも体質的にクロミッドが合わず体調を崩しがちになり、めんどくさがりも手伝って病院から足が遠のき、治療を止めてしまいました。 それでもその1年後、嬉しいことに自然に妊娠することが出来ました。

婦人科の先生も自然妊娠にとても驚いていました。

妊娠するために私が気を付けていた事と言えば、

①お腹を温める

夏でも腹巻、冬は腹巻プラスカイロを使いお腹が冷えない様にする

 

②冷たいものは飲まない  

①同様冷え予防に夏でも常温かホット。

 

③ビタミンEを積極的に摂取  

ビタミンEが不足することで、ホルモンの分泌低下に繋がると聞き

ビタミンEを多く含む食べ物を良く食べていました。

うなぎ・サーモン・ツナ缶・かぼちゃ・玄米等

 

④適度な運動

血行を良くし代謝をあげるため、毎日ヨガを30分

 

それまでは暑がりだったこともあり、真冬でも飲み物はアイス、そして薄着で過ごすことも多く、あまり運動もしない、また栄養のバランスなんて考えていない食事を摂っていました。妊娠を望んでいるわりには身体に良い生活をしていませんでした。

これではいけないと上記の事を心がけ、とにかく、きちんと排卵してくれますようにと、せっせと体を温めていました。

結果、これが良かったのかは分りませんが・・・

ちなみに、一人目出産後もやはり相変わらずの生理不順で多嚢胞性卵巣症候群。 でも2人目も幸い自然に妊娠できています。

2人目出産後は、生理周期が落ち着き多嚢胞性卵巣症候群も改善されました。

不妊の原因とされる多嚢胞性卵巣症候群ですが、私のように自然に妊娠できる人もたくさんいます。あまり不安がらずに、余計なストレスを溜めないようまずは体質改善を目指してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す