とにかく痒い!妊婦さんの肌トラブル 『妊娠性皮膚掻痒症』

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_l

妊娠中はホルモンの影響や、様々な体の変化に相俟って肌トラブルが起こります。 ただの乾燥からの痒みが原因の場合が殆どですが、

あまりにも強い痒みは 『妊娠性皮膚掻痒症』かもしれません。

私自身も妊娠中、背中や足といったあらゆる所が猛烈に痒くなり 我慢できず掻き毟ってしまってました。 肌は粉をふき、ムズムズ・チクチク兎に角痒い! お風呂に入ったり、ストレッチをしたりと、体があたたまると この痒みは増します。 『痒い』以外に症状はありません。発疹なども一切出来ないのです。

一般的には妊娠中期から後期にかけて、こう言った肌トラブルは起こると言われていますが 私は比較的初期の妊娠3ヶ月頃から出産まで、ずーっと苦しんでいました。

あまりにも酷い痒みのときは、産院で相談し診てもらいましょう。 患部に塗布するお薬を処方してもらえます。

個人差はありますが、市販されている保湿クリームで対処するより効果的です。

実は私は、この妊娠性皮膚掻痒症という物を知らなかったのです。 出産後、産院で初めてこの妊娠性皮膚掻痒症を知り、衝撃を受けたのを覚えています。

しらなかったゆえ、ひたすら安物保湿クリームをタップリ塗って なんとか凌いでいました。

保湿クリームでは痒みが治まるのは一時的でした。 結局掻き毟り、傷つけた皮膚にはたくさんの傷跡が残り、産後一年経った今でも消えずに残っています。

皆さんは私のようにならないよう、我慢できない痒みがある時は 産院に相談してみてくださいね。

 

コメントを残す