妊娠中の辛い便秘、対処法は?

プリント

妊娠中は便秘になりやすい傾向にあります。 その原因は、やっぱり“ホルモンバランス”。 黄体ホルモンの影響で、大腸の動きが鈍くなっているそうです。 さらに、腹筋に力を入れにくくなる事も手伝って 妊婦さんの約4割の方が便秘に悩まされるそうです。

実際私も酷い便秘に苦しみました。

ちょうど悪阻と重なったりもして、下腹部の張りと気持ち悪さで参っていたこともありました。

そこで、便秘を改善するために実行していたことは

 

【オリゴ糖を飲む】

オリゴ糖は腸内環境を整えるビフィズス菌の餌となります。その為オリゴ糖をたくさん摂取すれば ビフィズス菌が増え腸の調子が整い、スムーズに便が排出できます。

【バナナ豆乳&玄米】

便秘に良く利く、バナナと豆乳、そして玄米。 他にも食物繊維が豊富と言われる食べ物を積極的に摂取。

【軽い運動】

ウォーキングや軽く腹筋を刺激するストレッチを、無理の無い範囲で行っていました。

 

いかがでしょうか?

私はこれで随分改善されました。 とくにオリゴ糖。これが一番効果覿面でした。

それでも便秘が回復されなかったときは、迷わず産院で相談し薬を処方してもらいましょう。 便秘が直接胎児に与える影響は無いとは言え、やはり母体には良くありませんよね。

ストレスは妊婦さんの大敵です。

便秘を解消して、心も体もスッキリとさせましょう!

コメントを残す